電子書籍専門出版社の役割は先人の知恵を後世に伝えること

なぜ電子書籍専業なのか

「自分が持っている知識を必要としている人に伝えたい」
「自分の想いを発信したい」

そんな想いを持った時、『本を出版する』という方法が
選択肢の1つとして思い浮かぶ方も多いでしょう。

では、その想いを『電子書籍で出版する』ということは、
紙の本を出版することと、どんな違いがあるのでしょうか。

私たちDNAパブリッシングは
電子書籍専門の出版社です。

紙の本や雑誌といった紙媒体の作成や発行は
一切行っていません。

出版社というと、紙の本を出版している印象が
強いと思いますが私たちは、紙ではなく
電子書籍にこだわっています。

私たちが

『電子書籍を出版する』ことにこだわる理由

それは、

電子書籍が多くの人に情報を届け
後世まで知識や情報を残す為に適している

からです。

紙の本との違い
なぜ電子書籍なのか

お伝えします。

先人の知恵を遺伝子のように後世に伝える

私たちの社名
DNAパブリッシングの“DNA”とは、遺伝子です。

太古の昔から、壁画→パピルス→紙と
その時代で大切な知識・知見・情報を後世に残すべく
文字や絵で書き記してきました。

そして、現代は『データ』です。

パピルスや紙では、どんなに良いモノでも
時間の劣化で消えてしまいます。

特に紙の本では、1日に200冊
年間7万冊以上が出版され
そのほとんどが本屋に並ぶことなく絶版。

つまり、人の目に触れることなく
段ボールの中にしまわれたままです。

しかし、電子書籍であれば
世界中どこからでも、読むことができます。

絶版もないので
5年後も10年後でも、ひょっとしたら100年後でも
読むことができます。

つまり、本が本来果たしてきた役割

・知見や知恵を世の中に広めること
・後世の人にまでそれを伝承していくこと

それらをよりよい形で行えるのが
電子書籍なのです。

残したい知恵、伝えたいメッセージ
それらはずっと後世の人にまでも届けることができます。

誰でも後世に残すことができる

もちろん紙の本を否定している訳ではなく
紙には紙の良さがあります。

ふらっと立ち寄った本屋さんで何気なく手にとった本との
運命的な出会いは誰にでも一度はあるのではないでしょうか。

また、ページをめくる音や、紙の匂い、
読み終わったあとにパタンと本を閉じたときに残る余韻。

終わりに近づくページの量が目に見えてわかることは、
紙の本が好まれる理由のひとつかもしれません。

しかし、電子書籍にしかできないことがあります。

それは、先ほども触れたように、
データであれば、永遠に残すことができるということ。

本を読んでいて分からない単語があれば
調べられる辞書機能。

パソコンで読んでいたページを
自動で同期して、iPhoneからでも同じ所から
読み始められること。

複数冊の本を簡単に持ち運べ
旅先でも好きな本を読めること

AIがあなたの好みに合いそうな本を
自動的に選んでオススメしてくれる。

そして、紙の本では「誰でも手軽に」とはいきませんが
電子書籍には「誰でも出版することができる」

という大きなメリットがあります。

あなたの伝えたい想いは
今すぐにでも電子書籍として出版することができる

そして、データがある限り
後世に永遠に残すことができるのです。

後世に残すために必要なこと

では、あなたの知識や伝えたい想いを後世に伝える為
実際に電子書籍を出版することにしたとします。

せっかく出版するなら
一人でも多くの人に知ってもらいたいですよね。

そのためには、何でもいいから
ただ出せばいいというものではありません。

多くの人に手にとってもらえるよう
タイトルや表紙を工夫するのはもちろん

多くの人に届けるには
「普遍的である」ことが重要です。

普遍的、つまりは時の重みに耐えられる
骨太のコンテンツやメッセージを込めた一冊。

気軽に出せるから多少薄くても
たくさん出せばいい。

ではなく

気軽に出せるからこそ
こだわり抜いて、一冊にできる限りのエネルギーと
魂を込めて作るべき
です。

私たちDNAパブリッシングから出版した本は
そういった命を込めた本ばかりですが

中でも

 

 

 

 

 

 

 

『売れるセールスライティング』
https://www.amazon.co.jp/dp/B01E0RI20S/

は時の重みに耐えられる中身であり
かつ、発売から時間が経ってもなお売れ続けている
電子書籍です。

大事なのは、今売れることで
多くの人の目に触れること

そして、長期的に売れるようにもすること。

一筋縄ではいかないことですが
短期的にも、長期的にも売れ続ける本
選ばれ続ける本を作ることが、一番大切です。

その為に私たちが
本気でこだわっていること

それは、

文章はもちろん、表紙デザイン、本文の装飾など
細部にまで徹底的にこだわり

著者の人柄やこれまでの経験、知識、知恵、想いなど
すべてを1冊の電子書籍で表現することです。

著者が大切にしている想いや知識を
今も後世までも伝える為

私たちは、本気で著者と向き合い
「売れ続ける」電子書籍を作っています。

2 件のコメント

  • 現在、イノベーション創出・活用教本(仮題)のワード原稿(A4判で約300ページ)を持っています。この原稿を電子書籍として出版したいと考えています。
    御社で出版を検討して頂けるようであれば、企画書を送付したいので、送付先のメールアドレスをご教示ください。

    それでは、よろしくお願いします。

    • 河津さま、コメントありがとうございます!
      DNAパブリッシングです。

      ご提案ありがとうございます。

      企画書ですが
      info@dnapublishing.jp
      こちらのアドレスにお送りいただけますでしょうか?

      どうぞ宜しくお願いします。

      DNAパブリッシング株式会社

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください