電子書籍は”自分で作れる”のか?

企画編集部の岡崎美葉です。

私たちDNAパブリッシングは、
クライアントの電子書籍を「作っています」

「作っています」と括弧でくくったのは意味があります。
私たちの「作る」には様々な意味が込められているからです。

私たちDNAの「作る」は、
クリエイトであり、プロデュースでもあります。

ものごとに完全な正解も誤りもないように、
電子書籍出版の「正解」も「誤り」もありません。

電子書籍を一人で作ることはできます。
原稿を書いて、表紙を作って、EPUB化して、
AmazonKDPに登録すればいいのですから。

自分で宣伝して、ベストセラーを作ることも可能でしょう。

DNAパブリッシングと電子書籍を作る”意味”

では、DNAと「電子書籍を作る」ことに、
どのような意味があるのか?

それは、先ほど書いた、クリエイトつまり創造し、
プロデュースつまり世の中に送り出すことを、
プロ集団と共に行う
ということです。

チームで動くと、化学作用が生じます。

全体は個々の総和以上になります。
1+1<2ということです。

編集者(そして編集部)、表紙デザイナー、EPUB化デザイナーという複数の、
信頼関係のある人間たちがアイデアを持ち寄り、
試行錯誤を重ねる中で、作品には魂が入っていきます。

(もちろん、著者の魂が込められていることは大前提です)

その魂の入った作品が、
それを読んだ人の心に響き、行動を促し、変化が起こるのです。

ある意味、私たちは著者を甘やかしません。
やたらと先生扱いはしません。共に創造する同志だと思っています。

著者はコンテンツのプロであり、
私たちは電子書籍を作って売ることのプロなので、
そのプロフェッショナリズムの融合が、良い作品を生み出しています。

タイトルの結論を出します。

電子書籍は自分で「も」できる。

でも

電子書籍はチームで作ると、深く、美しく、そして拡がる。

波紋のように。

DNAパブリッシングは、
「自分で作る」以上の価値を提供しています。

それは想いではなく、実績です。

1 個のコメント

  • 初めまして、小高弘之と申します、画家・彫刻家です。

    御社のコンセプトに感動し、メールを差し上げますことをお許し下さい。

    絵を描くことも、御社の出版と全く同じコンセプトなのです。
    絵は1枚の中に凝縮しているだけに、作家の思いが説明不足の点が否めないのです。

    ただ素人などの場合は、ちょっと異なって来ます、つまり絵手紙の様に文字媒体が
    あっても許されるし、作者の想いもより的確に伝えることが出来るのです。

    私は絵画教室を主宰しているのですが、電子書籍については8年位前から
    「日本昔ばなし」の様な感じで電子書籍を出版したいと思っていたのですが、
    いまだに実現出来ませんでした。

    今般偶然御社の記事を拝見して、当方にも希望が湧いて来て、ぜひ御社に
    教えを請いたいと思いメールをしたのです。

    私の絵画教室では70代〜90代の高齢者が多いのです、この人達は人生経験が
    豊富でしかも多種多様なスキルを持っています、それが宝の持ち腐れになっています。

    このスキルを活かせる方法として、各人が描いた絵と多種多様の経験を文章にして、
    簡単な電子書籍を出版すれば、一石二鳥の効果がある様に思うのです。

    出来れば、高齢者達が例え素人であっても、電子書籍を自作自演でもいいですので
    描いた絵と文章で出版出来れば、「夢・希望・生き甲斐」が生まれて、元気になれる
    と思うのです、多くを望んでいるのではありません、そんな時代になった事を自覚し、

    それぞれが自立出来るきっかけを作って希望を持たせてやりたいのです。

    どうぞよろしくご指導をお願いいたします。

    参考:下記は私のHPと生徒さんの動画の一部です
       なを動画のチャンネルは「インタネット絵画教室」
       で既に1000本近くテキスト教材としてアップロード
       済みです、これからも継続する予定です。

    1、私にHP :  https://picacho.jp

    2、横浜の教室 : https://youtu.be/HLsKRcJBadA

    3、生徒さんの作品 : https://youtu.be/91TmqBum6eg

    4、生徒さんの作品 : //youtu.be/BAhyUwuND0o

    5、生徒さんの作品 : https://youtu.be/9DR_t2EeU3M

    6、生徒さんの作品 : //youtu.be/4Ws-AgnnDo4

    7、生徒さんの作品 : //youtu.be/i0JgP8lSq5M

                以上

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください