あなたは何のために電子書籍を作るのか?

企画編集部の岡崎美葉です。

あなたは、何のために電子書籍を作りますか?

書籍は広告ツールです。
名刺の役割を担うこともできます。

あるいは、手がけている事業を紹介する
チラシの代わりにもなります。

あなたが本を作る目的は
何のためでしょうか。

本を作る目的を忘れていませんか?

禅語のの一つに、忘筌(ぼうせん)という言葉があります。

「忘筌(ぼうせん)=目的を果たした、その後」

筌とは罠のことで、
「魚を獲ったら罠のことは忘れなさい」
ということだそうです。

「獲れたかな~?」
と罠を覗き込んだスキに魚に逃げられますよ、
という警告でもあります。

道具に頼らないことも意味しますが、
「目的を果たしたら手放すことが大切だ」
と言っています。

作ることそのものに執着してしまったとき
「伝える」という目的を忘れがちです。

著者が電子書籍を作るというということは、
大切な何かを伝えるためだと思います。

著者が読者にむけてすべきこととは?

熱く語る、真摯に語る、
様々な著者さんがいらっしゃいます。

文章のスタイルはそれぞれですが
ただ、読者を説き伏せようとした時点で、
何かを失います。

失うのは「信用」かもしれません。

「これ、本当にいいから」
「これ、本当に大事だから」

という人を、あなたは信用するでしょうか?

著者は想いを放つだけ。
評価は読者に委ねる。

説き尽くす。それだけでいい。
思いを込めて、解き放つ。

その先の意味、評価を決めるのは読み手なのです。

読者が本を読んで得るもの、捨てるもの。

読み手は何かを得るために読書しますが、
読んだ結果として
いままで握りしめていた「余分な何か」を捨てる
ことになるのではないでしょうか?

むしろ、この情報過多な世の中では、
「いかに捨てるか」を考える必要も
多いのだと思います。

書籍を作るということ、
そして読書はデトックスなのかもしれません。

良いものは、残すものではなく残っていくもの。


「ご利益=その後は、誰かの何かに役立つだけ」

利益とは究極、自分が何かを得ることではなく、
社会に役立つことなのだと思います。

伝統は、もともと「伝燈」と書きます。
比叡山延暦寺に脈々と受け継がれる灯火の油を
断(油断)たないこと。

つまり後世にバトンをつなぐことです。

灯火を絶やさないために、
自ら灯火の芯となって燃え尽き、
油となって灯火として消える。
たったそれだけのこと。

そうやって脈々と受け継がれるものが
残っていくものなのです。

売れる電子書籍とはどんな本なのか?

「売れる電子書籍とは?」
ということをいつも考えます。

答えの一つは、
「電子書籍を出版することで、集客に大きく役立てている」
著者がいるという事実。

そして二つ目は、書籍を世に出した動機が
「自分のためではなく、必要とする誰かのため」
であること。

お客さんを集めるのではなく、お客さんが集まる。
そんな引力のある書籍が売れる電子書籍です。
引力があるから、残っていく電子書籍だと言えます。

そして、引力だけではなく
デトックス(解毒)力も持ち合わせた書籍を
筆者とともに作っていくのが編集者だと思っています。

DNAパブリッシング株式会社
企画編集部 岡崎美葉

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください