あなただけのコアメッセージを見つける方法

こんにちは、編集長の末吉宏臣です。

あなたは、コアメッセージを持っていますか?
コアメッセージとは、
「自分の人生をかけて届けたい大切なメッセージ」です。

書くのは簡単ですが、
なかなか見つかるものではありません。

いま、思いつくアイデアは、どこかの本やセミナーで
聞いたことがあるような借り物である場合が多いです。

 

先日、ある作家の方と打ち合わせをしていたところ
ポツリと一言。

「本当のコアなメッセージは、
まだ見つかってないんだよ、実は…」

5冊も本を出している著者なのに、
コアメッセージって簡単に見つかるもんじゃないのか…
と感じました。

もちろんですが、決してその方の本が
素晴らしくないということではありません。

たくさんの人の役に立ち、売れています。

そんな方であったとしても、
コアメッセージを見つけることは、簡単なことではない
ということです。

 

◉ 自分のコアメッセージを見つけるには?

自分が今やっていること、書いていること、
得意なこととは別のところに、
あなただけにしかない本質が眠っていたりします。

別のところというより、
もう少し深いところにあるイメージでしょうか。

その深いところにアクセスする作業を、
自分と向き合うとか、自分を見つめ直す
などと呼んだりします。

ただ、その作業
正直、面倒くさいです。

 

本を読んだときに時々ついている、
書き込み式のワークシートをやらずに
読み飛ばした経験がある人は、
僕だけじゃないはずです。

就職のとき以外に、自己分析をやる人も
それほど多くないのではないでしょうか。

それくらい「自分を見つめ直す」という作業を
人は敬遠しがちです。

なぜでしょうか?

 

◉ 人間のある不思議な特性とは?

人間には、
ダメダメな自分も、もの凄い自分も両方とも認めたくない
という特性があるからです。

すごく落ち込みたくもないし、
自分の素晴らしさを受け入れたくもない…、
そんなどっちつかずで、生きている人が多いように感じます。

 

それよりは「自分ってこんな感じだよね」という
過去の経験、誰から言われた言葉などで、
自分自身を型にハメていることが多いです。

とても残念に思ってしまいます…

 

僕が一緒に仕事してきたベストセラー作家や
大成功している経営者の方々は、
ダメさも真正面から受け止めていて、
かつ自分の素晴らしさも受け入れている人たちでした。

だからこそ、ダイナミックで、面白い人生を
生きている人が多いのではないかと思います。

 

◉ パーソナルプロデューサー、編集者の時代

では、どうしたら自分と向き合う時間を
作れるようになるのでしょうか?

手っ取り早く向き合い、
なおかつ、自分の質を高めることを同時に叶えるには
そこにひとを絡ませるということです。

 

たとえば僕自身の、
ブランドコンセプトやロゴデザイン
の制作に取り組んだときのこと。

挙がってきたものの、
クオリティーに感動しました。

デザインを通して、
自分の大切なことが言語化され、デザインに昇華される
という素晴らしい体験でした。

 

もう一つ同じような体験をしたのが
編集者中吉カレンさんの
グループコンサルティングです。

こちらも、心から感動しました。

プロの編集者が入ると、これほどに
メッセージに深みを持たせていくための
的確なアドバイスができるのか、と。

◉ 一人より共同創造するほうがいいものができる

これからは、自分一人で何かをやっていく
時代ではなく、共同創造の時代です。

ぜひ、自分のやりたいことを、誰かと
組んでやることを考えてみてください!

そのほうが、きっと楽しいし、素晴らしい
ものが生まれる可能性がグッと高まるはずです。

 

もしも、電子書籍を作りたいと思ったら、
ぜひDNAパブリッシングにお声がけくださいね。

条件面などの問題はあるかもしれませんが、
自分では見えなかったようなコアメッセージが見つかり、
あなたの代表作と呼べるコンテンツになるかもしれません。

DNAパブリッシングの電子書籍出版プロデュースは
無料でご相談に乗らせていただきます。

DNAパブリッシングへのご相談はこちらから。

DNAパブリッシング株式会社
企画編集長 末吉 宏臣

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください