思わず買ってしまう「目次タイトル」の作り方

デザイナーの鉄尾です。

今回は、目次タイトルの作り方について
記事を書いていきます。

目次タイトル次第で、
その本を買うかどうかが決まるので、
とても大切です。

ぜひ、お客さんの目線をイメージしながら
この記事を読み進めてください。

お客さんが本を見て判断することとは?

お客さんは、
まず本の表紙やタイトルに惹かれて、
その本に目がとまります。

次に、その本が
今の自分に必要かどうか
知るために「目次」をみます。

このとき、
目次が魅力的なものであれば、
それが購入の後押しとなります。

逆に目次を見て、
「自分には関係ないや」
と思われたら、
そこで終わってしまいます。

ですので、
目次のタイトルは非常に重要です。

 

つい読みたくなるタイトルの付け方

では、どのような点を意識して、
タイトルを作れば良いかというと、
ズバリ『ベネフィット』
を入れるということです。

例えば、恋愛に関する本の第1章が
「恋愛における大切な考え方」
を述べているとしたら、

「第1章:恋愛についての大切な考え方」

よりも

「第1章:今日から愛され上手になれる!恋愛思考」

というようにベネフィットを入れてあげた方が、
「読みたい!」と感じてもらうことができます。

 

ほかにも、営業であれば、

「思わずお客様が契約してしまう!
3つのセールスメソッド」

というようにベネフィットを入れた方が、
購入率をぐんとあげることができます。

 

ベネフィットの見つけ方

このベネフィットを見つける方法は、
とてもシンプルで、

「その章を読んだ読者は、
どんな変化が起きるか?」

と問いかけていくことで、
読者に刺さるベネフィットを
見つけ出すことができます。

ぜひ、試してみてください。

 

DNAパブリッシング株式会社
企画編集部 鉄尾 和弥

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です