「3つの整理」で生産性を劇的にアップさせる

デザイナーの鉄尾です。

ここ数年で、フリーランサーが
かなり増えているように思います。

大企業も副業許可を出しはじめ
これから、さらに
増えていく傾向にあります。

ですが、自分のやりたいことや
理想のライフスタイルを追い求めて、
いざフリーランサーになってみると、
その現実は意外と大変だった
ことに気づきます。

フリーランサーになって大変だと気づいたこと

その理由は、フリーランスは、
どうしても1人で、2役、3役と
こなす必要が出てくるからです。

今までは、会社がやってくれていた
経理・事務的なこと、契約について、
資料作成、集金業務、確定申告など、
本業以外の業務が
想像以上に膨れ上がります。

また、売上が拡大すると、
それに比例して
請け負うプロジェクトも
膨大に膨れ上がっていきます。

その結果……何が起こるかというと

心が休まらなくなるのです。

 

心が安まらないことによる「悪影響」3つ

どこにいても、何をしていても、
仕事の事が気になって仕方ありません。
色々と心がざわつき始めます。

っと、まぁ、これくらいのことであれば、
多少の許容範囲かもしれません。

ですが、これが仕事に
恐ろしいくらい影響を与えてしまう
ところが一番厄介かなと思います。

仕事に追われて、
焦りながら業務をこなせばこなすほど、
どんどん生産性が落ちていくからです。

では、具体的な3つの悪影響について
お話ししましょう。

悪影響その1:ミスが多くなる

メール文章や、見積もり、請求書など、
細かい部分での誤字脱字や、
連絡ミス、タスク漏れに気づけなくなります。

とにかく焦っているので、
こなすことに必死になるがあまり、
心に余裕がなくなり

「読み返してみよう」
「スケジュールを整理してみよう」

というシンプルな
作業がおろそかになっていきます。

 

悪影響その2:良いアイディアが降りてこない

「文章を書く」「デザインを作る」
「企画を作る」「プロデュース」
など、クリエティブな業務の質が
確実に落ちていきます。

心に余裕がなくなるため、
「閃く」という経験が減り
どうしても左脳だけで考えた
理屈っぽいアイディアしか生まれません。

「言っていることはわかるけど……ピンとこない」
というものです。

 

悪影響その3:その結果、良い仕事ができず、さらに時間がかかってしまう

例えば、よい企画書を書きたいと思い、
机の前で頭をひねりながら1時間、
と考えても、
よいアイディアは降りてきません。

 

この状態を何時間も続けたところで状況は
変わらないでしょう。

以上が、焦って仕事をすることの
デメリットとなります。

 

3番に関して解決策を言うならば
身支度をして
街に散歩に行きましょう。

リラックスした状態でいると、
ふとアイディアが洪水のように湧き出します。

それをメモしていけば、
企画書の流れやストーリーが全てその場で
しかも数分で出来上がってしまうのです。

 

良いアイディアが閃くことによる
一番の効果は、
「仕事を早く終わらせることができる」
ということです。

緊張状態が続くと、
閃くものも閃きません。

できるだけ頭をリラックスさせるには
常に頭の中を整理し、
安心できれば良いのです。

 

そこで、ぜひ取り入れて
みて欲しい方法があります。

それは「3つの整理」です。

 

生産性が劇的にアップする「3つの整理」

生産性を上げるには、現状の把握が第一です。

抱えているプロジェクトの把握や
頭の中のモヤモヤ、そして
PCのデスクトップ画面の整理をすることで
劇的にスッキリします。

<1>プロジェクトの整理

多くのプロジェクトを抱えすぎ
パンク寸前になる多くの場合は、

「どのプロジェクトの何の作業を、
いつまでに終わらせなければいけないのか」

が曖昧になってしまっていることが原因です。

その結果、頭の中でプロジェクトが
とっ散らかった状態となってしまい、
「多くのプロジェクトを抱えてしまっていること」
への憂鬱さを感じてしまいます。

ならば、全てのプロジェクトのタスク全てについて
「いつまでにどういうプロセスで
終わらせていけばいいのか」
を明確にしましょう。

タスクが無理のないスケジュールに
落とし込まれていれば、
頭の中はみずみずしくクリアな状態となり、
心の中の焦りは消えていきます。

そこで、毎日試していただきたいのは、
全プロジェクトの
「始まりから
終わりまでの段どりを確認し、
修正をする」作業です。

 

<2>頭の整理

もう1つは、頭の中のモヤモヤです。
このモヤモヤの原因はズバリ「不安」

何に不安を感じているのかを定期的に
書き出し、整理をすることが大切です。

ポイントは、整理をして
「こんなことで、不安を感じているんだな」
と自分自身が理解しておくだけで
良いということ。

整理し理解さえしておけば、
あとは自動的に右脳が動き、
自然と解決策を考えてくれます。

<3>デスクトップ・フォルダの整理

デスクトップの散らかりは、実は無意識に
脳にかなりのストレスを与えています。

理想は、デスクトップに置くファイルは
「ゼロ」にして置くことです。

そうすることで、どんな時であっても
パソコンを開くことが憂鬱ではなくなりますし、
心落ち着いた気持ちで
仕事を始めることができます。

 

以上の3つの整理を
ぜひ取り入れてみてください。

タスクと心を整理することで
生産性も格段にアップするでしょう。

 

DNAパブリッシング株式会社
企画編集部 鉄尾 和弥

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です