【3分で読める】『戦わずして勝つ 気学マネジメント』優日 翼

DNAパブリッシングがプロデュース、出版した電子書籍を
パッと分かる、中身を理解できる

3分で読めるシリーズ

今回は、優日 翼さんの電子書籍処女作

『戦わずして勝つ 気学マネジメント』

です。

著者である優日さん自身が
複数店舗のオーナーであり、都内に複数の家と
クルーザーや高級車を持つに至るまでに成功した秘密が
気学や風水です。

ビジネスマン向けの気学・風水をまるごと
学べるのが本書です。

気学は人生を変える

セラピストを選ぶなら健康な人であるのと同じように、
占い師を選ぶなら経済的に豊かな人にすべきだ。

自分の運勢一つ変えられない人間に、
他人の運勢は変えられない。

本物の鑑定士は、間違いなく、その人の金運から変えていく。

風水は土地を読む。
気学は土地に加えて「時」を読む。

つまり3D。

だから効く。しかも速く効く。

筆者は美容師となった時から気学を学び、
「吉方位取り」を素直に愚直に行ったことで、

都内に自社ビルを含めた数店舗を持ち、
サーバルタイガーなど希少動物の飼育やクルーザーを始めとする
多彩な趣味を仲間と共に楽しむ、本当の意味での「自由」を手にいれた。

吉方位取りとは、祐気取りともいう。

自分にとっての「良き日」に「良き方位」に向かい、
そこの空気、お水、お砂をいただく。

それはデジタルだけの世界を離れ、
自然というアナログの世界に身を置き、
本来の自分に返る貴重な時間だ。

自分に「おめでとう」を言う時間でもある。

ただ、方位の取り方は難しい。
きちんと公式をマスターしなければならない。

気学は帝王学

帝王学を学ぶことは、
決して簡単ではない。

本気で望む者にしか学ぶことはできない。

だからこそ、素直に愚直に実行した人は成功する。

本書は気学の基本と方位取りの具体的な方法、
その効果、さらには「空亡」と言う特別な期間について、詳しく説明している。

気学を生かして成功した実例も挙げられているので、
実際に気学を生かすと、なぜ、どのようにビジネスが伸びるのかが、リアルに理解できる。

いきなり厳密にすることは難しいかもしれない。

そんな時、大切なのは、いいことをしようとするよりもまず、
悪いとされることをしない、

つまり「凶方位に行かない」ことだ。

となると、自分の凶方位を知ることが必要になる。

ビジネスをしている人は特に、
自分自身の管理が大切である。

それは健康だけの話ではない。
自分の運勢をきちんと上げて整えておくこと、
それは家族、社員、取引先の全てにとって大切なことである。

だからこそ、現代人の嗜みの一つとして、気学を学ぶこと、
そして時の利、地の利の生かし方を知ることは当然とも言える。

自分の守り方と生かし方を知る、この一冊。

気学を知り、時の利、地の利を生かす。それが豊かさへの最短距離である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください